Img_yuigon


亡くなった人が死後についてを記し、 残した文章を遺言と言います。

内容としては、 遺産相続についてや、家族へ宛てたメッセージ、
自分の葬儀についてなど様々です。

故人の意思でもあるので尊重されるべきものではありますが、
民法で決められている方式に従わなければ、 その効果は無効になってしまうこともあるようです。

遺言書には大きく3種類あり、

故人が全てを手書きで書き記す直筆証書と、

被相続人により作成され、 公証人と証人の立会いの元、 公証役場に提出する秘密証書、

料金を支払い、 公証人に公的役場で作成してもらう公正証書遺言があります。


注意したいのは、直筆証書の場合は、 パソコンや代筆、テープなどへの録音をしたものだと無効と判断されてしまいます。
これらを有効にするには、 検認と言う作業が必要となります。

しかし、この3種類のうち故人が残したものが公正証書であれば、 検認の手続きは不要とされており、
他2種類のものに関しては、 検認手続き前に勝手に開封してしまうと、 罰金が発生することもあるようなので、 注意が必要です。

また、この検認と言う作業は家庭裁判所が行います。
この作業が必要とされているのは、 確認や調査をすることでその内容を明確にし、
捏造などを防ぐ証拠保全の為と言われています。
書かれている内容が全て有効となる訳ではなく、 法律に違反するものがあれば、
内容全て、または一部が無効になることもあるのだそうです。

このように生前に作成した遺言は、 書き方や作成方法、 内容などによって
無効と判断されてしまう場合もあるので、 作成時には定められたルールを守って作成することが大事です。


時折、 遺言が複数見つかることもあるようです。
その際には、 作成年月日から判断することになり、
故人の死亡時期に最も近い時期に作成されたものが優先されるようです。

私自身の周りでは、 これまで遺言書を残す人は多くありませんでした。
亡き祖母がメモ帳に家族に当てたメッセージを記していたことがありましたが、
作成年月日や署名などは無く、 走り書きのような感じだったので、
家族で見るだけで終わりました。

満15歳以上であれば作ることが出来ると言うことだったので、
私自身もいつ何が起こるかわからないからと作成を試みようと思ったことは何度もあるのですが、 ルールなどが細かく、 難しいものだと思って先延ばしにしてきました。

作成方法としては、やはり内容が自分以外にわからないように、 直筆証明の方法を考えています。

保管方法については色々問題もありそうですが、 最後の自分の意思、意見として家族に残したいと思っています。

近年では、エンディングノートと言うものが流行っているようですが、
こちらは法的効力がなく、家族の負担を減らすためのものと言われています。

遺産相続や後継者についてなど、 ニュースやテレビ番組などで問題になって取り上げられているのを目にすることがあります。
死人に口無しと言われる様に、 自分の死によって家族間に諍いやトラブルが起きることを防ぐため、 また最後の言葉を伝えるため、 作成しておいて損はありません。

逆に、自分の大切な人が遺言を残してくれた場合を考えると、 自分の死後のことについて、ちゃんと考えていてくれたんだなと嬉しく感じます。