Img_yuigon


人が死亡すると法律上相続が開始されます。
その相続が開始されると相続人と呼ばれる親族が死亡した被相続人の財産を分割して相続します。

その際、相続人の身分によって相続できる範囲が法律によって定められ、
原則として法律にしたがって相続が行われます。

もっとも、 例えば被相続人が会社を株主として所有して経営を行っている場合、
その株主が法定相続分に従って相続をされると、 会社経営を望んでいない相続人も株主となってしまい、 経営を行おうとする相続人が満足な経営を行えない。
などの不都合が生じる場合があります。

また、例えば相続財産が不動産だけしかなく緩衝材としての現金が存在しない場合には、 法定相続分に従って相続を行うことが著しく困難であり、 また相続任官で争いが生じるおそれも生じます。
そのため、 そのような相続による不都合を防止し、 将来の相続人間の紛争を防止しできるだけ、 被相続人の意思に従った相続を行うことができるように、 設計された制度が遺言制度です。

遺言とは法律の所定の手続を履践した相続における取り決めを示した書物をいいます。

そして、 その遺言が裁判所の検認を経て有効であると認められれば、
その遺言の記載内容に従って相続が行われます。

したがって、 遺言制度を採用することによって相続人が相続財産を満足に使用させることもできるようになり、 できるだけ被相続人の思うように相続をさせることが可能になります。

そして、 この遺言内容を被相続人の意思に従ってを具体的に執行する人間を法律上遺言執行者と言われています。
遺言執行者は主に弁護士から選ばれます。


遺言執行者は、遺言に関するすべての執行手続きをにないます。

もっとも、 その資格については法律上特に制限はなく被相続人が指名すればその人間が就職することができます。

しかし、 遺言に関する執行手続きを行うためには遺言実務についての専門的な知識と遺言実務についての経験が必要になります。
したがって、 多くの場合において就職するのは法律実務についてのエキスパートである弁護士が行うのです。

そして、 遺言執行者には遺言を執行するにあたりかなり強い権限を与えられています。

例えば、 被相続人が相続の対象としている不動産の登記名義が第三者の名義になっている場合、 遺言執行者は当該第三者に対して単独で登記名義を取り消すよう訴訟を提起することができます。
この場合、 ほかの相続人が同様の訴訟を提起することができません。

また、被相続人に発生していた債権についての執行手続きも単独で行うことができます。
そのため、 遺言執行者には遺言の執行に関する法的紛争について法定訴訟担当をになっていると評価することができます。

また、その遺言の執行手続きについて必要な手続きを単独で行使することができます。

具体的には、 遺言を裁判所に対して検認させる手続きを履行することもできるし、
遺言を開けて中身を読むことができます(この手続きは相続人が行うことができません。)。

また、相続人に対して遺言に従って財産を分配する権利と義務を有しています。
そのため、 相続人の有している不動産の名義を変更したり、
預金を引き出して相続人の口座に振り込んだり必要であれば財産の売却を行うこともできます。