Img_yuigon


遺言を書くと死期が近まりそうな気がして縁起でもないような気分にもなりますが残された家族や親族が相続に関してトラブルを起こさないようにするためにもしっかりと用意しておいた方が良いです。
自分には残せるような財産はほとんどないと思っている人であっても自動車や家などの現金以外のモノも合わせると意外と財産はあるものですのでこれらの分配に関して自分の遺志を残しておいた方が良いです。
遺言を用意する場合には3つの方法があります。
一つは自筆によって遺す方法です。
自筆証書と言います。
手軽で思い立った時にいつでも自分の遺志を残すことができます。
書き方としましてはまず肝心なこととしてすべての文章を遺志を残したい人の自筆にて書かないといけません。
用紙に関しては特に定めはありませんが、 筆記具に関しては改ざんなどのトラブルを避けるために鉛筆などの消せるような筆記具ではなくボールペンなどを用いた方が良いです。
内容に関しては自分が持っている財産とそれを誰に渡すかを記載することになりますが、 同姓同名などのトラブルが起きないように遺書を書く人との続柄やその人の生年月日を加えておくと良いです。
そして作成した日付を書いておくことも重要です。
それから自筆証書の場合は検認と言う作業が必要になります。
これは家庭裁判所にて相続の権利がある人が一同に会して内容を確認する作業になります。
この時にトラブルが起きることがしばしばあります。
次に公正証書と言うやり方を説明します。
これは私も行っている方法です。
この場合は公証役場と言う場所に出向きます。
そこで公証人と呼ばれる人に残したい内容を伝えます。


私の場合は公証人に合う前に事前に公証役場に出向いて、 当日に用意するものや話す内容について確認を行いました。
遺言の内容や記載方法に関しては公証人がリードしてくれましたので法的に不備なことが起きることはないと思います。
また、 当日に用意するものとしては実印と印鑑証明書、 戸籍謄本、 土地や家屋の登記簿謄本、 銀行などの金融機関の預金通帳の口座番号などがありました。
それと手続きのための費用が必要になります。
この費用は持っている財産によって異なります。
それから2人の証人が必要になります。
この証人には親族などの相続関係者はなることができません。
私の場合は公証役場に相談して2人の証人を紹介してもらい日当を払いました。
それから公正証書の大きなメリットの一つとして検認の必要がないことが挙げられます。
検認が必要ないため、 私が死亡するとすぐに相続作業を進めることができます。
検認作業については前述しましたが、 どのような方法で遺志を残しても絶対にトラブルを避けられるような方法は今のところないのですが公正証書を用いることによって、 自筆証書や秘密証書では起こりうるトラブルを未然に避けることができますのでもっとも安心のできる方法と言われています。
そして3つ目が先ほど述べた秘密証書です。
これは自分で記した遺志の内容を誰にも告げずに秘密にしたまま公証人に存在を確認してもらう方法になります。
自筆証書は費用がかからず手軽に作成することができます。
しかし自筆証書と秘密証書の場合は記載事項などの不備により無効となってしまう恐れがあります。